霊園および墓地一覧:能代市&山本郡

名称所在/連絡先など概要/備考
能代市 公営墓地/民営霊園/寺院墓地/永代供養墓など
ふたついぼち
能代市 二ツ井墓地
二ツ井町字高関145番地1

http://www.city.noshiro.akita.jp/ ..
公営霊園/宗教不問
むかいのしろかねやまぼち
能代市 向能代金山墓地公園
向能代字平影野地内

http://www.city.noshiro.akita.jp/ ..
公営霊園/宗教不問
おちあいなかおおのれいえん
落合中大野霊園
落合字中大野149

http://www.hourinji.info/bochi.html
民営霊園/宗教不問
ほうりんじ
法輪寺
落合字落合124-4

http://www.hourinji.info/bochi.html
寺院墓地/曹洞宗
合葬墓(合葬塔)
りんしょうじ
倫勝寺
仁井田白山13

http://rinshoji.com/
寺院墓地/曹洞宗
あおばえんぼち
青葉園墓地
能代市青葉町7

http://www.geocities.jp/kannoji8/ ..
寺院墓地/法華宗
永代供養墓(夫婦墓・個人墓)
かんのうじ
感応寺
萩の台1−2

http://www.geocities.jp/kannoji8/ ..
寺院墓地/法華宗
合葬墓(共同墓「結縁の塔」)
がんしょうじ
願勝寺
萩の台5-19

http://ganshoji.web.fc2.com/
寺院墓地/真宗大谷派
こうきゅうじ
光久寺
萩の台1-23

http://koukyuji.web.fc2.com/
寺院墓地/浄土宗
りゅうせんじ
龍泉寺
清助町7-23

http://yudonosan.net/
寺院墓地/真言宗智山派

(関連記事)永代供養墓が選ばれる理由と種類
(関連記事)樹木葬墓地が選ばれる理由と基礎知識

角館霊園の樹木葬のお墓(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

名称所在/連絡先など概要/備考
藤里町
ふじさとちょうえいぼちこうえん
藤里町営墓地公園
粕毛字清水岱地区

http://www.town.fujisato.akita.jp ..
公営霊園/宗教不問
ほうしょうじ
宝昌寺
藤琴藤琴3

寺院墓地/曹洞宗

名称所在/連絡先など概要/備考
八峰町
いわだてぼち
八峰町 岩館墓地
八森字門の沢116番地1

http://www.town.happou.akita.jp/
公営霊園/宗教不問
はまだぼち
八峰町 浜田墓地
八森字浜田8番地3

http://www.town.happou.akita.jp/
公営霊園/宗教不問
たきのまぼち
八峰町 滝の間墓地
八森字家の向95番地1

http://www.town.happou.akita.jp/
公営霊園/宗教不問
いわだてつかのだいぼち
八峰町 岩館塚の台墓地
八森字岩館塚の台39番地1

http://www.town.happou.akita.jp/
公営霊園/宗教不問
ちょうせんじ
長泉寺
峰浜坂形字強坂225

寺院墓地/曹洞宗
※掲載内容の削除や訂正を希望の際は、お手数ですがメールにてお知らせ願います。早急に対応させていただきます。また、追加情報などの掲載をご希望の場合もお気軽にメールいただけると幸いです。内容を確認させていただいた上で、掲載させていただきます。掲載までお時間がかかる場合もございますが、追加情報の掲載も無料で行っております。
(関連記事)永代供養墓が選ばれる理由と種類
(関連記事)樹木葬墓地が選ばれる理由と基礎知識

区切り線

三種町の伝統的な野辺送りと今後の葬送

三種町では、薪で焼く旧式の火葬や土葬が普通だった頃から、野辺送りの際には、手伝いの人の一人が、葬式の行列より先に墓地に行き、叺(かます:わらむしろの袋で、中に米などが入っている)を木などにかけるという しきたり があります。アトミラズや、ログメンオリといわれます。

この しきたりは、「土葬」から「火葬」(鵜川火葬場/昭和39年~・精華苑/昭和62年~)への大きな変化を経ても、消えることなく 続けられてきました。


ところが、全国的に増えてきているホール葬が この地域でも行われるようになると 状況が変わりました。 ホール葬では、野辺送り自体が 省略されたりしているようです。

ホール葬は、葬儀社が葬儀に必要なことを進めてくれます。

時間の自由がきき難い 勤め人の増加や、住民の高齢化などを背景に、地縁による葬儀が機能しにくくなってきていることから、以前は地縁による手伝いによる葬儀を行っていた地域でも、ホール葬が浸透しています。

全国的な傾向ですが、昔とは働き方も変わり、考え方や生活も多様化しています。さらに高齢化も進んでおり、葬送に対して昔と同等の役割を、地縁が果たすのは難しい場合も増えています。

ホール葬による葬送が増えるにつれ、伝統的な ならわしは徐々に人々の記憶からも薄れ、姿を消していく可能性があります。でもそれが 時代の流れなのかもしれません。

[メモ/参考情報]
「野辺送り」とは、故人のなきがらを埋葬地や火葬場まで見送ること。またはその行列のこと。
この地域では1960年代頃が、土葬から火葬への変化の時期だったようです。
全国的に「土葬」は・・
 1900年代は6~7割
 1960年代は3割ほど
 1980年には1割弱
 2000年には1%未満
と、昔は「土葬」が普通でしたが急速に「火葬」化が進み、今は「火葬」が99.9%以上と常識です。

時代で変化してきた葬送・お墓~そして今

「土葬」から「火葬」への変化は、地域による早い・遅いの差はあれ、全国的に進み、現在では99.9%以上が火葬となりました。

その変化を後押ししたのが、全国に広がっていった「公営火葬場」でした。

つまり「火葬」への移行は、行政が導いたものといえます。思想・信仰によらないからこそ、全国一律に火葬へと移行できたのかもしれません。


「火葬」への変化により、お墓にも変化が表れました。

土葬」の場合には、すっぽり棺が入る大きな穴を 毎回掘る必要がありました(掘る場所は毎回ずらさないと、前の遺体を掘り起こしてしまうことになります)。
ところが「火葬」の遺骨は場所をとらないため、大きな穴は不要です。こうして立派な石塔でおなじみの今の家族墓のように、家族を一緒に納骨(又は埋葬)できる お墓が可能になりました。

「火葬」への変化が、時期的に高度経済成長期とも重なり、景気も後押しして、石塔を建てる お墓がどんどんつくられました。 今では見慣れて当たり前になった 立派な石塔の お墓ですが、歴史的には案外それほど古いものではないようです。

当時の社会背景(景気の良さ)や、考え方(家制度)に合致して、立派な石塔を 建てる家族墓という形が ひとまず定着したようです。


ところが今では、核家族化・少子高齢化・景気の低迷などを背景に、無縁墓の問題など、「立派な石塔の お墓」に対する矛盾も出だしています。

がんばって立派なお墓を建てても、跡継ぎがいなくて無縁化したり、遠くに住むことになった子や孫にとっては想定を超えた負担になるケースも少なくないです。


火葬化は、埋葬のタイミングにも影響を与えました。「火葬」後の遺骨の埋葬(納骨)は、葬送直後に限らず、49日あるいはそれ以降などにも選択肢が広がりました。「土葬」では考えられないことです。
家族墓と社会変化

参考:能代市・山本郡で「高齢者だけの世帯」が多い現状

子や孫がいない、又は子や孫と別々に暮らす高齢者が増えています。 能代市・藤里町・三種町では、全世帯の3割以上が「高齢者だけの世帯」となっています。

若い世代と同居しない高齢者が多いことは、「後継者に頼らない お墓選び」の必要性の高さにも つながっています。

「全世帯」に占める
「高齢者だけの世帯」
の割合
高齢者の割合備考
全国25.2%26.7%(H27年)
秋田県29.1%34.6%(H28年)
秋田市29.5%28.7%(H28年)
能代市30.5%38.6%(H28年)
藤里町36.2%46.1%(H28年)
三種町34.7%41.4%(H28年)
八峰町28.9%44.5%(H28年)
※高齢者(65歳以上):データは秋田県の公表資料、および「国民生活基礎調査」の公表資料を参考にしました。

秋田県は、「高齢化の先進県」ともいわれ、全国に比べて 高齢化率は飛びぬけて高いです。
能代市・藤里町・三種町は、「高齢者だけの世帯」の割合も、「高齢者の割合」も、その秋田県の平均を上回る状況です。
八峰町は、「高齢者だけの世帯」の割合がやや低いものの、「高齢者の割合」が かなり高いです。

老夫婦
別々の家
家族

大きな墓が売れない理由/選ばれている墓

高度経済成長などを背景に広がった、立派な石塔のお墓ですが、近年は 大きな お墓を建てる人は減っているそうです。

墓石も小さいものが主流となっており、そもそも、子や孫をあてにしなければならない家族墓というかたち自体も見直されてきています。

管理などをお任せできて、後継者も要らない お墓も 多くの方々に選ばれています。 「永代供養墓」や「樹木葬墓地」などです。

もちろん、これまで慣れ親しんできた ものとは違う お墓を選ぶことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

ところが、私たちが慣れ親しんでいる お墓のかたちも、実はほんの数十年前の「火葬化」「高度経済成長」「家制度」などの社会背景の影響を受けて形成されてきたものであることを思えば、今の社会背景に応じた お墓が選ばれるのは、案外自然なことなのかもしれません。

家族墓
小さなお墓
樹木葬墓地

角館霊園の樹木葬のお墓(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

区切り線

(データ)能代市・山本郡の永代使用料 一覧

公表された永代使用料のとりまとめとその注意事項

能代市
墓地名称永代使用料広さ/仕様等備考
向能代金山墓地公園 (向能代)100,000円1.5m×1.5m*1
二ツ井墓地 (二ツ井町)50,000円2.0m×2.0m*1
二ツ井墓地 (二ツ井町)1㎡につき1万円4㎡未満*1
*1:能代市墓地条例 平成18年3月21日 条例第115号

藤里町
墓地名称永代使用料広さ/仕様等備考
藤里町営墓地公園 (粕毛)131,400円5㎡ 昭和62年度以降*1
↑(参考)72,000円5㎡ 昭和52年度  *1
*1:藤里町営墓地公園の設置等に関する条例 改正平成19年3月20日条例第16号

八峰町
墓地名称永代使用料広さ/仕様等備考
岩館墓地 (八森)55,000円-*1
浜田墓地 (八森)55,000円-*1
滝の間墓地 (八森)55,000円-*1
岩館塚の台墓地 (八森)55,000円-*1
*1:八峰町墓地条例 平成18年3月27日条例第113号
安い?
墓地の区画

区切り線

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

北秋田市/上小阿仁村の霊園・墓園・墓地の情報一覧|公営/民営も永代供養墓も!24件
秋田県北秋田市と北秋田郡小阿仁村で考えるお墓のこと。まずは霊園・墓地・墓園の一覧から。家族との相談にも。後継者がない、又は子や孫に負担をかけたくないときのお墓なども。永代供養墓も。さらに永代使用料の一覧も相場把握の参考に。.....

優良石材店
一般社団法人全国優良石材店の会は、石材店400社あまりで組織されている墓石の業界団体です。「全優石」という略称があります。墓石に関するPR活動も行っており、目に耳にしたこともある人も多いでしょう。1983年ごろできた団体で、それまでの売りっぱなしの傾向があった業界も変わってきたようです。

青森県十和田市にある供養・墓地・霊園を一覧|永代供養墓や宗教不問も!2件
青森県十和田市にある墓地や霊園、供養について検討に必要な情報を一覧で整理。従来ながらのお墓に限らず、永代供養墓なども。民営・公営もチェック。.....

和型三段墓
伝統的な家墓の典型的な形です。台石を2つ重ね、その上に細長い石がのります。その細長い石の正面に文字が彫られます。裏面にも建立に関する文字が彫られたりします。一般的に白御影石や黒御影石が使われます。また前面には香炉や花立てが付きます。墓誌が置かれることもあります。

主な仏教
日本で主な仏教といえば、13宗があげられます。法相宗、華厳宗、律宗、天台宗、真言宗、融通念仏宗、浄土宗、浄土真宗、時宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗、黄檗宗の13の宗派です。また例えば浄土真宗本願寺派、真宗大谷派などさらに小宗派があったりします。

記事のチョイス

秋田市でお墓を急ぐ人へ夫婦のお墓選びと意外な悩み自動車免許返納後も考えた墓選び免許返納後の墓の悩み&解決法墓じまい!手順と安心・節約のカギ夫の実家の墓に入りたくない女性の墓親のお墓選びガイドで悩み解決

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved