【はじめに】

費用が経済的
維持管理なし(管理料もなし)
後継者がいなくても大丈夫
すぐ納骨できる(工事不要)

という お墓は、合葬墓(合祀墓、合同墓地など)だけ ではありません

多くの方々の遺骨と混ざる合葬墓では、一旦 納骨すると もう やり直しは できません。

たとえば 合葬ではない 個別の 経済的な永代供養墓もありますし、本人・家族ともに 納得できる お墓を 見つけましょう。

【目次】
合葬墓なみの管理なし・安いお墓探し。ごちゃ混ぜなしの個別のお墓に納得した理由とは?
合葬墓(合祀墓/合同墓)
お墓

1. 合葬墓(合祀墓/合同墓)の長所と短所

合葬墓(合祀墓/合同墓)は、多くの知らない人の遺骨と 一緒に埋葬(納骨)される お墓です。「合葬」という言い方は 主に公営墓地など で用いられ、お寺など の場合は「合祀」と いわれるようです。

大きな特徴は、埋葬(納骨)後の管理が要らず、後継者が いない人 に適した方法の ひとつです。少子高齢化など を背景に 多くの人たちに求められ 各地に 急速に 広がりました。

合葬墓(合祀墓/合同墓)の長所・メリット

1. 安い値段・費用
墓石・工事も不要で経済的です。数万円で納骨(埋葬)できる ところもあります。(なお お寺の場合は、永代の管理費用に加え お布施・寄付金等も含まれたりで 費用が 高い場合もあります。)

2. 追加費用がない
購入の際に支払った後は、霊園や お寺が管理し、その後の費用・支払いはありません。(なお、お寺の場合は 合祀墓(合葬墓)でも、もし檀家になれば、檀家としての お布施や寄付金を その後も求められる場合があります。)

3. 墓守・後継者がいなくても大丈夫
納骨(埋葬)後は、霊園や お寺が管理するため、家族などによる管理は必要ありません。そのため、墓守や 後継者がいなくても大丈夫です。
子や孫がいなくても、あるいは、子や孫が遠くに住んでいて負担をかけたくない場合にも 安心です。

4. 無縁墓・無縁仏の心配がない
納骨(埋葬)後は、霊園や お寺が管理するため、お墓に誰も来れなくなっても、無縁墓・無縁仏になる心配がないです。もちろん 墓じまい の心配も要りません。

費用面で考えると、お寺は お布施・寄付金などの関係で、宗教的に中立な霊園より 費用がかかる場合があります。

合葬墓(合祀墓/合同墓)の短所・デメリット

1. 一度 納骨(埋葬)すると 取り出せない
他の人の遺骨と 同じ場所に納骨(埋葬)され 混ざるため、一旦 納骨(埋葬)すると 取り出す ことは できません。後から お墓を移したくなっても、やり直し はできません。

後から お墓を建てたり、お寺と折り合いが悪くなったり等の理由で、後で改葬したくても、合葬墓から その故人の遺骨だけ を取り出すこと はできません。

2. 他人の遺骨との ごちゃ混ぜに抵抗
知らない人の遺骨と 同じ場所に納骨(埋葬)され、ごちゃ混ぜ になることに抵抗が 強い人も多いです。

3. お墓参りが もの寂しい
特定の故人や家族の お墓ではなく、多くの人が一緒に納骨(埋葬)されている お墓への お墓参りのため、その故人を供養している感じが 実感しにくい かもしれません。

4. 軽い あるいは 粗末なイメージ
経済的で、普通のお墓より ずっと簡単に納骨(埋葬)できることが、逆に 軽い あるいは 粗末な イメージを与えることもあります。合同の碑などで 特定の故人を思い起こすものが 少なく、その分 忘れ去られ易いイメージもあります。

参考)ごちゃ混ぜにならない 経済的な 永代供養墓

合葬ではない 個別の お墓ですが、経済的に利用できる 永代供養墓もあります。

【目次】に戻る
合葬墓(合祀墓/合同墓)
安い

2. 遺骨が他人と ごちゃ混ぜ に抵抗がある方へ

多くの人は、先祖代々の お墓や 家族墓に 慣れ親しみ、何十年も お墓を大切に供養してきました。
そのため、全然 知らない人とも 遺骨が ごちゃ混ぜになる 合葬墓(合祀墓/合同墓)に、抵抗・不安を 強く感じるのは 不思議なことではありません。

その思いは、自身や 身近な人の遺骨について だけではなく、先祖の遺骨についても 同じです。
たとえば、墓じまいが必要な場合で、遺骨の改葬先が合葬墓(合祀墓/合同墓)しかない場合にも この問題に直面します。

もし、先祖や家族、自身の遺骨が 知らない人の遺骨と ごちゃ混ぜになることに 強い不安と抵抗 を感じるのなら、ムリに合葬墓(合祀墓/合同墓)にする必要はありません。

個別に 納骨(埋葬)できて、経済的で 管理の心配もいらない 永代供養墓があります。

秋田では、たとえば、次のような お墓が 悩み解決に 役立つと思います。

【目次】に戻る
遺骨

3. 合葬墓だと お墓参りの 実感が薄い

合葬墓に対する 不安や不満を感じるのは、なにも お墓に入る本人だけ ではないです。

合葬墓にすると・・・
「故人と 直接向き合える場が なくなる気がします。」
「故人を偲び 家族が集まる場所を 失う気がします。」
と 感じる人も少なくないです。

先祖代々の お墓や 家族墓への お墓参りに 慣れた人にとって、多くの知らない人たちと一緒に埋葬された合葬墓への お墓参りは、全く別物に感じることでしょう。

合葬墓への お墓参りは、合同の 墓石・碑・像・塔 等のところに 参ります。そこには、故人とも 自分とも 全く関係のない人たちも 埋葬されています。さらに、お参りする人たちも、見ず知らずの人たちが、全く同じ場所で 手を合わせていきます。

多くの人が 同じ場所を利用することで、もはや故人との 特別な場所 としてのイメージは 持てないかもしれません。

たとえ大きくはなくても、故人との専用の場所があるというのは、素敵なことです。

個別の納骨室に 遺骨を納めるタイプの 樹木葬墓地なら、合葬(合祀)に 抵抗のある方でも 納得できる 答えの ひとつ だと思います。

墓石がないと「落ち着かない」という人には、大きすぎない永代供養墓もあります。将来のことは分らないけど、「念のため 家族も入れる お墓にしておきたい」という場合にも適しています。

歩いて数分の近くに、温泉施設があり、疲れを癒しつつ、ゆっくりし 故人を偲ぶ ということも できる ようです。

【目次】に戻る
お墓参り
合同墓
樹木葬墓地
小さいお墓

4. まだ 合葬墓には 早すぎるのでは?

亡くなってからの 年数が 浅い故人の遺骨ほど、知らない人と ごちゃ混ぜの合葬に 移すのことに 大きな抵抗を感じるのではないでしょうか。

家族墓に慣れた人にとって、遺骨を合葬に移すということは、とても異例なことです。「義理に欠いた薄情な行為」あるいは、「粗末にした」という 負い目を 少なからず感じる ことでしょう。

ところで 故人の弔い上げは、33回忌(又は50回忌)の法事を区切りとするのが一般的です。そのため 弔い上げの後は、合葬墓に移すとしても 比較的 抵抗は少ないですね。

気持ちが 落ち着かないまま、合葬墓(合祀墓・合同墓)に 移すよりは、個別に埋葬(納骨)できる 永代供養墓のほうが 気持ちも 穏やかです。

例えば、個別の納骨室に 遺骨を納める 樹木葬墓地なら、合葬のように 遺骨が 他者と混ざることはありません。その一方で、墓石も 工事も 不要のため 経済的です。

もし「墓石のある お墓が 落ち着く」という方や、「もしものために 家族も入れる お墓にしておきたい」という方には、こちらの お墓が適しているかもしれません。

【目次】に戻る
両親
お墓の選択肢
樹木葬墓地
小さいお墓

5. 墓じまいの改葬先を合葬墓にしない理由

弔い上げ(33回忌または50回忌などを区切りとして年忌法要を終了すること)まで至っていない ご先祖様や家族の遺骨が お墓の中に あるうちは、供養の途中で 他者と ごちゃ混ぜになる 合葬墓に移すのは、抵抗があります。

合葬墓では、納骨の場所も共用、参拝の場所も共用です。全然 知らない人たちとも共用です。故人との 特別な場所 という感じではありません。

でももし選択肢がなければ、無縁墓になるよりは 合葬墓を選ぶしかないですが、合葬墓の他にも 永代供養墓はあります。

昔は 個別の お墓の永代供養墓の場合、何百万円もする 高額なイメージがありましたが、今は もっと経済的な永代供養墓もあります。

なお寺院の永代供養墓の場合には、寺院の存続維持のためにも、永代供養墓の金額を下げることは難しいです。(もし永代供養墓を安くして 檀家がそちらに移ってしまうと 管理費などの収入が減り 寺院の維持が苦しくなりかねません。)

費用負担 を 減らそうと 合葬墓 を選んでも、改葬する故人が 多い場合は、逆に 費用負担が 大きくなる ことも あります。

例えば、ひとり10万円の合葬墓でも、改葬する故人が多いと、個別の永代供養墓が 購入できる金額を 超えることもあります。

【目次】に戻る
墓じまいで合葬墓へ改葬
墓じまいで樹木葬へ改葬
墓じまいで永代供養墓へ改葬

6. 先祖・故人への感謝・敬いが薄れる危惧

伝統的な供養を 何十年も実践してきた人たちの中には、合葬墓が 安易に選択されうる ことに 大きな抵抗を 感じる人も多いです。

長い間 お墓の管理や、お墓参り などを 通じて 先祖や故人との繋がりを 守ってきた考え方からすれば、合葬墓は 供養を ほぼ お任せしてしまう かなり 思いきった 考え方ですからね。

とはいうものの、従来の お墓の かたちでの 維持が 困難に なっている人が 増えているのも 現実的な 問題です。

今は、多くの人が お墓について できるかたちを 模索している 時代です。

多くの人が 悩む問題だから こそ、その問題を解決するための 新たな お墓の かたちも 登場しています。後継者がいなかったり、墓守が高齢化していく中でも、できる限り 先祖・故人への 感謝・敬いを 守っていこうとする 人たちに 利用されています。

合葬墓しかないと あきらめる前に、まだ 自分や 家族に できる かたちが あるかもしれません。

【目次】に戻る
両親
家族
お墓の選択肢

7. 合葬墓は安い/永代供養墓は高い の真偽

合葬墓は、多くの方々と 一緒に 同じ場所に 埋葬(又は納骨)される お墓です。個別の 墓石も必要とせず、費用も安くできる場合が 多いです。

一方で、個別の お墓による 永代供養墓は ものすごく 高額と 思われがち です。

確かに、高額な 永代供養墓も あります。しかし、全てが 高額な わけでは ありません。

墓石がある 永代供養墓は、墓石・工事などの費用に加え、何十年も 管理を続ける費用が 必要です。大きい お墓ほど 工事にも 管理にも 費用がかかり 高額です。また、お寺の永代供養墓に関しては、お布施等も 高額になる理由の ひとつです。

実は 見落さなければ、ムリせず購入できる 個別の永代供養墓もあります。

例えば、お布施などを 要さない 宗教的に 中立な 霊園が 管理する お墓 や、墓石を必要としない 樹木葬墓地なども、一度 確認してみる価値が あると思います。

【目次】に戻る
合同墓
家族墓
小さいお墓
樹木葬墓地

8. 大きすぎず 小さすぎない お墓

昔は、子供も 兄弟も 同じ土地に 住み続ける のが 当たり前でした。そのため「墓」を 代々 引き継ぐ ことは、ごく 普通のことでした。

ところが、核家族化が進み、仕事も より広域な 異動が 普通になり、代々 同じ土地に 住み続ける 人のほうが 少なくなっています。そのため、離れた土地にある「墓」の管理を もてあます 人も 増え、代々 引き継ぐ「墓」の存在が、今の 生活スタイルに合わず、負担になってきています。

少子高齢化も背景に、後継者がいなかったり、墓守の高齢化で 管理ができなくなったり、無縁墓の問題も 社会問題になっています。

このような社会背景の変化で 、昔のように 子や孫の 管理を 期待した 大きい立派な お墓を建てる人は 年々少なくなっています
そして 見栄をはらない ムリしない・大きすぎない・ちょうどいい お墓が 選ばれています。

さらに、お墓についての 世の中の 考え方が、昔とは変わってきており、将来的に 子や孫に 負担を かけなくて済む 永代供養墓も 選ばれるようになっています。

なかでも 合葬墓は、墓石も不要で 費用が かなり抑えられる場合もあり、子や孫を頼れない 人たちなどに 選ばれてます。

しかし 合葬墓は、知らない人たちと 一緒に 埋葬される お墓なので、昔ながらの 家ごとの お墓での供養に 慣れた人には 抵抗も 大きいです。

そのため、例えば 後継者・管理費も要らず、墓石なしで 費用も安いけど、合葬墓と違って 個別のお墓として 利用できる 樹木葬 墓地 が選ばれています。

【目次】に戻る
家族墓
核家族化
小さいお墓
合葬墓
樹木葬墓地

9. 経済的で 個別納骨の 樹木葬墓地

ひとりひとり のお墓 あるいは 夫婦墓 など として

区画ごとに それぞれ 個別の納骨室に 遺骨を納骨する お墓です。土に直接埋葬する方式と違い、お墓への遺骨の納め方が 従来の家族墓と似ており、家族墓・先祖墓に 慣れた人にも 抵抗が少ない お墓です。

他人の遺骨と混ざる心配がなく、もし必要なら、後から 遺骨を 改葬(引越し)することも できます。(もちろん 改葬の必要がなければ、そのままずっと使い続ける お墓です。)

後継者を 必要としない お墓

この お墓の購入に、後継者を 必要としません。ですので、子や孫など 誰にも気を遣わず ご本人とだけ 相談して、あるいは、ご本人ひとりでも 決められます

誰も行けなくても荒れる心配がない 霊園が管理する お墓

霊園が 継続して 維持管理を 行います。そのため、もし 誰も お墓に行けなくなっても、お墓が 荒れる 心配が ありません

それでも 安い お墓

「墓石」も「お布施など」も ないため 格安といえるほど経済的です。管理料も不要です。市街地から離れた山間の霊園ということも、低価格の理由の一つで、自然に囲まれた落ち着いた環境です。(山間ですが、国道46号沿いで、交通の便は良好です。)

すぐ納骨できます

墓石の必要がなく、工事も不要。すぐ納骨できます

寂しくない お墓

献花台が共用となっており、お花が途絶えにくいです。シンボルツリーが、周囲の植栽とともに お墓を彩ります。

秋田市・仙北市・大仙市はもちろん 県外でも大丈夫

山間の霊園ですが、国道46号沿いで、アクセスは良好です。「秋田空港」や、「秋田新幹線こまち停車駅のJR角館駅」などが、県外からの 墓参りにも便利です。秋田県 屈指の観光地としても知られる 角館町は、宿泊施設等も豊富で、お墓参りと 観光を兼ねて 訪れることにも 適しています。

もし足を運べない場合でも、管理は霊園に お任せできるので、お墓が 荒れる心配が ありません。いつ来ても 気持ちよく お墓参りができるはずです。

夫婦
樹木葬墓地
安い
遺骨
樹木葬墓地
角館の風景

角館霊園の樹木葬のお墓(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

 

10. 経済的で 墓石のある 永代供養墓

外柵(1m×1m)でしきられた 墓石のある お墓

1m×1mの外柵で しきられた 墓石のある 永代供養墓です。遺骨の納め方が 慣れ親しんだ これまでの お墓と同じですので、家族墓・先祖墓に慣れた人にも安心です。

見落としの心配がない 完成セット墓地

墓地(永代使用)・外柵・基礎工事・墓石・建立工事・字彫を 全て含む 完成セット墓地です。初めてでも、忙しい人でも 見落しの心配がなく 安心して選べます。

後継者を 必要としない お墓

この お墓の購入に、後継者は 必要としないです。そのため、子や孫など 誰にも気を遣わず ご本人とだけ相談して、あるいは ご本人ひとり でも 決められます

誰も行けなくても荒れる心配がない 霊園が管理する お墓

霊園が 継続して維持管理を行うため、お墓に誰も来れなくなった後も お墓が荒れる心配がありません

ご先祖や 家族、墓友など 一緒に入れる お墓

複数の焼骨を納骨できますので、ご先祖や 家族、墓友など 一緒に 入る お墓としても 大丈夫です。

それでも 安い お墓

「お布施など」も必要とせず 格安といえるほど経済的です。管理料も不要です。市街地から離れた山間の霊園ということも、低価格の理由の一つで、自然に囲まれた落ち着いた環境です。(山間とはいえ、国道46号沿いで、交通の便は良好です。)

墓じまい の 遺骨の改葬先としても

他人の遺骨とも ごちゃ混ぜに埋葬される 合葬の永代供養墓と違います。改葬前の家族墓・先祖墓と同様に 独立性が保たれます
永代供養墓ですので、もちろん 墓じまいの心配もありません。

秋田市・仙北市・大仙市はもちろん 県外でも大丈夫

山間の霊園ですが、国道46号沿いで、アクセスは良好です。「秋田空港」や、「秋田新幹線こまち停車駅のJR角館駅」などが、県外からの 墓参りにも便利です。秋田県 屈指の観光地としても知られる 角館町は、宿泊施設等も豊富で、お墓参りと 観光を兼ねて 訪れることにも 適しています。

もし足を運べない場合でも、管理は霊園に お任せできるので、お墓が 荒れる心配が ありません。いつ来ても 気持ちよく お墓参りができるはずです。

小さいお墓
安心
家族
安い
墓じまいと改葬
角館の風景

角館霊園の永代供養墓(セット墓)(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

 

11. 経済的な 合葬墓

後継者を 必要としない お墓

この お墓の購入に、後継者は 必要としないです。そのため、子や孫など 誰にも気を遣わず ご本人とだけ相談して、あるいは ご本人ひとり でも 決められます

霊園が管理する お墓

霊園が 継続して維持管理を行うため、お墓に誰も来れなくても お墓が荒れる心配がありません

経済的な お墓

宗教に中立な霊園のため、お寺などと違い「お布施など」も必要とせず 格安といえるほど経済的です。管理料も不要です。市街地から離れた山間の霊園ということも、低価格の理由の一つで、自然に囲まれた落ち着いた環境です。(山間とはいえ、国道46号沿いで、交通の便は良好です。)

墓じまい の 遺骨の改葬先としても

墓じまい の 改葬先としても ご利用いただけます。永代使用ですので、もちろん 墓じまいの 心配も ありません。

秋田市・仙北市・大仙市はもちろん 県外でも大丈夫

山間の霊園ですが、国道46号沿いで、アクセスは良好です。「秋田空港」や、「秋田新幹線こまち停車駅のJR角館駅」などが、県外からの 墓参りにも便利です。秋田県 屈指の観光地としても知られる 角館町は、宿泊施設等も豊富で、お墓参りと 観光を兼ねて 訪れることにも 適しています。

もし足を運べない場合でも、管理は霊園に お任せできるので、お墓が 荒れる心配が ありません。いつ来ても 気持ちよく お墓参りができるはずです。

送骨について

事情により ご遺骨を 霊園まで お運び いただけない場合などには、送骨 についても 相談に 乗ってくれる そうです。

合葬墓
安い
墓じまいと改葬
角館の風景
遺骨

角館霊園の合葬墓(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

久慈市&九戸郡で選ぶ霊園・墓地の一覧情報:永代供養墓も@岩手県!10件
岩手県久慈市や九戸郡(野田村、洋野町、軽米町、九戸村)でお墓を探すときに便利な墓地・霊園のリストと情報。永代供養墓もチェックできる。.....

葬儀社
葬儀をおこなうときに頼りになるのが葬儀社です。普段慣れないことばかりのため、ついつい頼りっぱなしになりがちです。信頼できる葬儀社を選ぶことが悔いの残らない葬儀の運営には欠かせないです。費用もかかるものですが、本当に必要なのか、騙されていないか一々気になるようでは困ります。

夫の実家のお墓に絶対入りたくない女性のお墓@秋田市・仙北市・大仙市
夫(旦那)の実家のお墓に絶対入りたくないという女性は多いです。そんな女性にぴったりのお墓があります。個別のお墓で、後継者も不要、子や孫に迷惑をかけません。お花に囲まれた素敵なお墓。立派な墓石や、特別なお布施も不要で、その価格の安さも魅力のひとつです。.....

お墓と相続税
お墓には相続税がかかりません。ですので、相続税の心配なく、純粋に継承者を考えることができます。血縁の順序も大事かもしれませんが、実際にお墓を管理していける人が継承するのが一番いいのかもしれません。遠く離れた土地に住んでお墓を管理していくのは大変ですからね。

家族葬
家族などの近親者だけで行う葬儀です。家庭葬ともいうそうです。全体の費用が抑えられる葬儀ですが、一方で香典などがないため結果的に費用が高あがりの場合もあります。弔問客に気を遣うことなくゆっくり故人を偲べるという特徴もあります。一方で弔問したかった人から苦言が出る場合も多いです。

Copyright © 2011-2019 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved