親の お墓の準備を 様々なケースに応じてガイドします。家庭で 事情は違います。既に亡くなられてる場合の お墓選び、あるいは 生前のうちに行う お墓の準備。同居の親、離れて暮らす親、そのほか 施設で生活を送る場合、病院に入院中の場合などなど。

社会の変化に伴い、お墓や 供養の かたちも 選択肢が 広がっています。昔より ずっと 経済的負担の少ない 選択肢もあります。家族みんなが 納得できる 方法を見落さないあきらめない ために、まずは情報収集からです。

経済的で管理も不要のお墓だけど親にも喜ばれる理由とは?
遺骨
お墓

親のお墓 を準備するのは誰?

自身が入るための お墓を、生前のうちに準備している人は たくさんいます。たとえば「終活」という言葉もあり、自身の最期と 真剣に向きあい 準備を進める人たちです。

しかし その一方で、自身のお墓や供養について、何の準備もないまま 亡くなる人もいます。

もし あなたの親御さんが、ご自身の お墓の準備をしないまま亡くなった場合、その最期を引き受けるのは、子ども である あなたの 役目になるでしょう。

でも それほど 心配すること ではありません。お墓や供養は、昔より ずっと選択肢が 広がっており、昔より ずっと経済的負担の少ない方法も 選べますから。

昔なら「子や孫へと代々引き継ぐ お墓」か それがムリなら「合同墓(合葬墓/合祀墓)」くらいしか選択肢が なかったですが、今は、生活や家庭の事情も多様化しており、それに伴い お墓や 供養のあり方もまた、昔より選択肢が広がっています。

墓


お墓がない親の遺骨 の管理

納骨できる お墓がなくて、遺骨の行き場がないために、実家や 自宅で 遺骨を保管し続ける というのは、なかなか落ち着かないものです。

粗末に できない ものですし、家の中での 置き場所に困る ことも多いです。仏壇があれば、その中や 近くで いくらか 落ち着くかもしれません。
しかし、来客の 目に入るところだと 気になりますし、押し入れ や タンスの上 などに置かれる ことも多いです。

もともと 遺骨は お墓に納める のが普通です。それを 家に置くのですから、想定外なことに 驚かされることもあります。

たとえば 湿気カビです。

寒暖の差などで 湿気が結露して水滴となり 長く置くうちに 水が たまることも あります。 水分があることで カビが増殖することもあります。(暖房や冷房が 寒暖の差を 助長しがちです。加湿器などにも注意です。)

注意しても 防げないこともあり、できるだけ早く お墓や 納骨堂などの しかるべき場所に 納めるのが安心です。

近頃は 遺骨を身近におく 手元供養もありますが、その場合は 湿気や カビが問題にならない ように 遺骨を加工したり 容器に工夫があったりします。

遺骨
湿気とカビ
安心

すぐ納骨(埋葬)できる お墓 と 注意点

すぐ納骨(埋葬)できる お墓 には、
 ・合同墓地(合葬墓/合祀の永代供養墓)
 ・樹木葬墓地
など があります。

いずれも 墓石の工事がなく、手続きが済めば すぐ納骨できます。

その一方で、普通の お墓との 違いもあります。納骨してから 後悔しないために、それぞれの 長所・短所を 知ること も大切です。

合同墓地(合葬墓/合祀の永代供養墓)
 ・個別の墓石はなく 合同の墓石・碑・像・塔等です
 ・知らない人とも一緒に納骨(埋葬)されます
 ・納骨後 遺骨が混ざり 取り出すことはできません
 ・そのため納骨後の改葬はできません
 ・寺院や霊園によりますが 費用は数万円からあります
 ・納骨後の管理費が不要な場合も多いです
 ・納骨後の維持管理がありません
 ・後継者がいなくても大丈夫です
 ・お墓参りは 合同の墓石・碑・像・塔等にします

合同墓地(合祀墓/合葬墓)も 寺院や霊園によって いくらか違いがありますので、内容を確認して選ぶことが大事です。

樹木葬墓地
 ・墓石はなく シンボルツリーが特徴です
 ・個別の お墓 のものもあります
 ・個別の納骨室への納骨/土への埋葬 などがあります
 ・霊園によりますが 費用が安い場合も多いです
 ・納骨後の管理費が不要な場合も多いです
 ・納骨後の維持管理がありません
 ・後継者がいなくても大丈夫です
 ・お墓参りは 納骨(埋葬)の場所や 共同の献花台等

樹木葬墓地も 霊園によって いくらか違いがありますので、内容を確認して選ぶことが大事です。

合同墓や樹木葬墓地
合同墓
樹木葬墓地

親から お墓の準備を 頼まれたとき

お墓の準備 にかかる費用手間を 思うと 「なぜ私が?」という思いが つい 浮かんでくるかもしれません。

ところが 費用 に関しては それほど 心配は いりません。なぜなら お墓や供養は、昔より ずっと選択肢が 広がっており、昔より ずっと経済的で、維持管理でも 負担が少ない方法も 選べます。

昔は「子や孫へと代々引き継ぐ お墓」が普通で、それがムリで「合同墓地(合葬墓/合祀墓)」を選ぶときも 肩身が狭い 思いもありました。しかし今は違います。生活や家庭の事情も多様化し、それに伴い お墓や 供養の考え方も 柔軟になり、昔より選択肢が 増えただけ はでなく 選びやすくもなっています。

あなたの思いや 予算、将来のこと等も考えて、できる限りの お墓を準備して あげることが 大事です。昔の価値観に とらわれ過ぎて ムリし過ぎない ことも大事です。

もしかすると あなたが選ぶ準備は、親が考える お墓のイメージ とは 違うかもしれません。

そのときは 時間をかけて 話し合うことも大事です。気づいてないだけで、ゆっくり時間をかけると 納得できることが お互いに あるものです。たとえば 頭では分かっても、気持ちが納得する までに時間が かかることも多いです。時間をかけて話し合うことで、分かり合えることが たくさんあります。

両親
お墓の選択肢

親の お墓の準備の タイミング

生前の お墓の準備に対し「なんだか 亡くなるのを待っているようで 気が引ける」という人もいます。
しかし 亡くなってからの準備では 本人の気持ちを確認できず そのことで後悔する人もいます

なぜなら 今では お墓や供養に たくさんの選択肢が あるからです。

社会の変化により、無縁墓や 管理できなくなった お墓の放置 が問題になってます。伝統的な お墓を 踏襲すれば済む時代ではありません。子や孫に 問題を先送りしないためにも、しっかり考えて お墓を選ぶ時代です。

親の思いを聞いて お墓を選ぶには、そろそろ 動き出さなければ 間に合わないかもしれません。

昔とは違い、お墓の様相や 管理の考え方も 多様です。見もしないで 検討なんて できないですし、墓地を 見に行くことも 大切な過程です。そのためには 本人たち が元気なうちに 検討を始める 必要があります。

先送り しすぎて、親が もし病気や 高齢で 臥せったり、入院したり、あるいは 施設に入所してからでは、話し難くなります。親の心情を思うと なかなか切り出し難いです。
だからこそ 「まだ早いかな」 というタイミングが お墓の準備には 最適なタイミングです。

「まだ大丈夫」と 先送りしているうちに 手遅れにならないように、今すぐ始める行動力も大事です。

お墓の選択肢
入院

すれ違う 親の思い と 子の思い

親の思い にも いろいろです。例えば・・
「先々も家族皆が集まれる 立派な お墓がほしい」
「合同墓はイヤ」逆に「合同墓でいいよ」
「墓石のある ふつうの お墓に入りたい」
「散骨がいい」「樹木葬墓地がいい」
「子や孫に 迷惑をかけたくない」
母親の「実家の お墓に 入りたい」や、
   「家の お墓には 入りたくない」等々

その一方、子ども側にも思い があります。例えば・・
「引越すかもしれないし、お墓の管理が不安」
「さらに 子どもにまで 負担を かけたくない」
「せっかくお墓があるのに、なんでイヤなんて言うの?」
「他人も一緒の合同墓だと お墓参りの実感が薄い」
「散骨だと お墓参りできないのが寂しい」等々

お墓に対する思い が 親子で違うのは、生きてきた社会背景や 置かれている立場が 違う ことを考えれば、自然なこと かもしれないです。

ところが お互い そのことを忘れて、話し合いが どちらかの 考えを押し付ける だけのもの になっていませんか?

それぞれの思い を お互いに じっくり話し・聞くことで、納得できること・妥協できること もあります。しかし一方で どうしても譲れない こともあります。

たとえ 迷信と いわれても、何十年も本気で 信じてきた人には、譲れない こともあります。気持ちが悪いとか、落ち着かないとか、理屈だけでは 割り切れない 部分です。
かといって その実現に 想定を超える 高額な費用や 家族の負担を要すなら、それはムリな ことです。

このように 話し合い が行き詰った ときこそ、検討中の墓地に 行ってみることが 進展のきっかけ になります。

現地に身をおいて その雰囲気を 自身の目・耳・鼻・全身で感じることは、説明だけとは違う たくさんの発見や 気づきがあります。既に そこに埋葬(納骨)されている方々の お墓を、生で 見て 感じることが 不安を和らげる 助けにもなるでしょう。

言葉だけ での話し合いではなく、実際に 墓地や お墓の見学も まじえて 考えを まとめていくことで、お互いの理解も深まり 納得の お墓の準備につながる はずです。

できるだけ 時間をムダにしたくないから 見学する墓地・お墓も 納得できそうな ところから 選びたいです。

両親
家族
お墓の選択肢
見学

合同墓=安い,永代供養墓=高い の誤解

合同墓は 合祀(合葬)の永代供養墓など ともいわれ、多くの方々と一緒に 同じ場所に 埋葬(又は納骨)される お墓です。新たな墓石も必要とせず、費用も安くできる場合が多いです。

一方で、個別の お墓での 永代供養墓は 高額と 思われがち です。

実際に 高額な 永代供養墓も ありますが、実は 全てが 高額なわけでは ありません。

墓石を建てる永代供養墓は、墓石・工事などの費用に、何十年も 管理を続ける費用が プラスされます。大きい お墓ほど 管理にも手間がかかり 高額です。さらに、お寺の永代供養墓の場合は、お布施等も 費用に含まれたりするため、それも高額になる理由の ひとつです。

見落さなければ、ムリしないで購入できる 個別の永代供養墓もあります。

例えば、個別に納骨できる樹木葬墓地なら、墓石もなくて 費用が安い場合も多いです。また 宗教的に中立な霊園が管理する場合 お布施等が 含まないことも 費用が安い理由の ひとつです。

合同墓
家族墓
小さいお墓
樹木葬墓地

ムリしない 大きすぎず小さすぎない お墓

親から子へ「墓」も「仕事」も「家」も 一緒に引き継がれていた時代には、子が 代々親と 同じ土地に 住むのが 当たり前でした。ところが 今は違います。子が 学校を出て 仕事に就いたとき、あるいは結婚して 家庭をもったとき、親の近くに 住むとは限りません。

このような社会背景の変化で 昔のように 大きい立派な お墓を建てる人は 年々少なくなっています
そして 見栄をはらず ムリしない・大きすぎない・ちょうどいい お墓が 選ばれています。

お墓の管理についても 世の中の 考え方が変わり、離れて住む 子や孫に 負担をかけなくて済む 永代供養墓が 選ばれるようになっています。

例えば 墓石なしで 費用も安く、後継者・管理費も要らない 樹木葬墓地も 浸透しています。

家族墓
小さいお墓
樹木葬墓地

宗旨宗派が違う両親でも一緒に入れる お墓

公営墓地の場合や、民営墓地でも宗教的に中立な霊園であれば、宗旨宗派は問わずに、同じお墓に入れます

霊園が掲げる「宗旨宗派不問」にも 少し注意が必要なときもあります。それは、お墓を購入時は不問でも、お墓を購入後、特定の宗旨宗派になることを求める霊園もあるということです。

宗教的に中立な霊園の メリットは 他にもあります。それは 永代供養墓の費用に お布施等が含まれず お寺の場合より 安いことも多いです。

例えば、樹木葬墓地は 墓石も必要とせず、さらに費用を安くできる場合も多いです。

夫婦


母親だけ 父親だけ 別々に入れる お墓

両親が 別々に入れる お墓もあります。さらに 管理を霊園が 引受ける 永代供養墓なら、納骨後の お墓の管理の心配もいりません

父親だけでも大丈夫ですし、母親だけでも大丈夫です。

両親で お墓が離れていると、お墓参りする家族には 不便です。そこで たとえば、同じ樹木葬の敷地の中で、別々の納骨室に 入るという方法もあります。

樹木葬墓地


親の お墓探しに この樹木葬墓地

両親だけの お墓、あるいは ひとりひとりの お墓

区画ごとに しっかり しきられた 個別の納骨室に 遺骨を納骨する お墓です。土に直接埋葬する方式と違い、お墓への遺骨の納め方が これまでの家族墓と似ており、家族墓・先祖墓に慣れた人にも抵抗が少ない お墓です。

他人の遺骨と混ざる心配はありません。必要なときには後から 遺骨を 改葬(引越し)することも可能です。(改葬の必要がなければ、普通はそのままずっと使い続けるお墓です。)

後継者が いなくても大丈夫な お墓

この お墓の購入に、後継者は いりません。ですので、子や孫など 誰にも気を遣わず 親とだけ相談して、あるいは ひとりでも 決められます

誰も行けなくでも 荒れる心配がない 安心の お墓

霊園が 継続して維持管理を行うため、お墓に誰も行けなくなった後も お墓が荒れる心配がありません

それでも 安い お墓

「墓石」も「お布施など」も ないため 格安といえるほど経済的です。管理料も不要です。市街地から離れた山間の霊園ということも、低価格の理由の一つで、自然に囲まれた落ち着いた環境です。(山間とはいえ、国道46号沿いで、交通の便は良好です。)

すぐ納骨できます

墓石の必要がなく、工事も不要。すぐ納骨できます

寂しくない お墓

献花台が共用となっており、お花が途絶えにくいです。シンボルツリーが、周囲の植栽とともに お墓を彩ります。

秋田市・仙北市・大仙市はもちろん 県外でも大丈夫

山間の霊園ですが、国道46号沿いで、アクセスは良好です。「秋田空港」や、「秋田新幹線こまち停車駅のJR角館駅」などが、県外からの 墓参りにも便利です。秋田県 屈指の観光地としても知られる 角館町は、宿泊施設等も豊富で、お墓参りと 観光を兼ねて 訪れることにも 適しています。

もし足を運べない場合でも、管理は霊園に お任せできるので、お墓が 荒れる心配が ありません。いつ来ても 気持ちよく お墓参りができるはずです。

夫婦
樹木葬墓地
安い
遺骨
樹木葬墓地
角館の風景

角館霊園の樹木葬のお墓(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

 

親の お墓選びに 墓石のある 永代供養墓

1m×1mの外柵でしきられた 墓石のある お墓

1m×1mの外柵で しきられた 墓石のある 永代供養墓です。遺骨の納め方が 慣れ親しんだ これまでの お墓と同じですので、家族墓・先祖墓に慣れた人にも安心です。

完成セット墓地のため 見落としの心配もなし

墓地(永代使用)・外柵・基礎工事・墓石・建立工事・字彫を 全て含む 完成セット墓地です。初めてでも、忙しい人でも 見落しの心配がなく 安心して選べます。

後継者が いなくても大丈夫な お墓

この お墓の購入に、後継者は いりません。ですので、子や孫など 誰にも気を遣わず 親とだけ相談して、あるいは ひとりでも 決められます

誰も来れなくても 荒れる心配がない 安心の お墓

霊園が 継続して維持管理を行うため、お墓に誰も来れなくなった後も お墓が荒れる心配がありません

家族も一緒に入れる お墓

親だけではなく 家族も一緒に入れる お墓です。

それでも 安い お墓

「お布施など」も必要とせず 格安といえるほど経済的です。管理料も不要です。市街地から離れた山間の霊園ということも、低価格の理由の一つで、自然に囲まれた落ち着いた環境です。(山間とはいえ、国道46号沿いで、交通の便は良好です。)

墓じまい の 遺骨の改葬先としても

他人の遺骨とも ごちゃ混ぜに埋葬される 合葬の永代供養墓と違います。改葬前の家族墓・先祖墓と同様に 独立性が保たれます
永代供養墓ですので、もちろん 墓じまいの心配もありません。

秋田市・仙北市・大仙市はもちろん 県外でも大丈夫

山間の霊園ですが、国道46号沿いで、アクセスは良好です。「秋田空港」や、「秋田新幹線こまち停車駅のJR角館駅」などが、県外からの 墓参りにも便利です。秋田県 屈指の観光地としても知られる 角館町は、宿泊施設等も豊富で、お墓参りと 観光を兼ねて 訪れることにも 適しています。

もし足を運べない場合でも、管理は霊園に お任せできるので、お墓が 荒れる心配が ありません。いつ来ても 気持ちよく お墓参りができるはずです。

小さいお墓
安心
家族
安い
墓じまいと改葬
角館の風景

角館霊園の永代供養墓(セット墓)(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

夫の実家のお墓に入りたくない女性のお墓@秋田市・仙北市・大仙市
夫(旦那)の実家のお墓に絶対入りたくないという女性は多いです。そんな女性にぴったりのお墓があります。個別のお墓で、後継者も不要、子や孫に迷惑をかけません。お花に囲まれた素敵なお墓。立派な墓石や、特別なお布施も不要で、その価格の安さも魅力のひとつです。.....

国葬
国家に功労のあった人が亡くなった時に国家の儀式として、国費をもって行われる葬儀です。日本で行われた国葬としては、岩倉具視、伊藤博文、山縣有朋 、東郷平八郎、山本五十六、吉田茂などが有名だと思います。ちなみに皇族は国費で行われるものの国葬とはいわないそうです。

奥都城
「おくつき」と読み、一般的に神道のお墓のことをいいます。基本的には仏教のお墓と同じですが、焼香を行わないので、香炉が不要です。細長い角柱型で頂上部が四角錐というのが形の特徴です。神社は通常墓地を持たないので、霊園でお墓を購入することが一般的です。

法華経
初期大乗仏教経典のひとつなんだそうです。天台宗や、日蓮宗系の宗派では重要な経典です。例えば7つのたとえ話の物語もよく知られています。三車火宅、長者窮子、三草二木、化城宝処、衣裏繋珠、髻中明珠、良医病子の7つです。法華七喩といわれます。法華経は聖徳太子とも関係が深いです。

二戸市&二戸郡|霊園・墓地は一覧から探す|永代供養墓も@岩手県!1件
岩手県二戸市や二戸郡(一戸町)でいいお墓探しをするときに役立つのは、墓地・霊園の一覧情報。維持管理の負担をなくせる永代供養墓も選択肢に加えて考えることが大事です。.....

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved