永代供養墓が選ばれる理由

後継者(墓守)がいらない
 従来のお墓では、お墓を維持するために お墓を継承する人を必要としました。 ところが、少子化・非婚化などでお墓の後継者がいない人も少なくないです。
 また、核家族化や移住・転勤が当たり前となり、遠く離れて住む子や孫に負担をかけたくないというニーズも高まっています。 後継者(跡継ぎ)がいなくても、あるいは遺族に負担をかけずに、安心して供養してもらえる墓が求められています。

維持管理がいらない
 従来型のお墓は、お墓参りのほか、お墓が荒れないように掃除・草取り等の維持管理を要します。 「お墓まで遠くて・・」「忙しくて時間がない」「高齢で体力的にきつい」など、以前のようなペースでお墓に手間をかけるのは難しくなっているのかもしれません。
 霊園やお寺に維持管理をお任せできる墓地なら、いつでも自分たちのタイミングで、気持ちよくお墓参りができます。

管理費用がかからない
 納骨又は埋葬後の管理費が不要なお墓なら、残された遺族に対する経済的な負担の心配がありません。 また管理費未納による、墓じまいの心配もないですね。

経済的な お墓
 永代供養墓の中には、墓石代のかからないなど、従来のお墓に比べてかなり安いものもあります。

住む場所に縛られないお墓選び
 後継者や維持管理が要らないことから、必ずしも今住んでいる土地に縛られることなくお墓が選べます。 「故郷」や「思い入れの強い土地」、あるいは「気に入った永代供養が行われている墓」などを選ぶこともできます。

家族墓
子や孫の家族
墓と雑草
墓と出費
全国

永代供養墓に踏み切れない理由

客観的に考えるとメリットの多い永代供養墓にもかかわらず、心が抵抗して なかなか踏み切れないのには 理由があります。

でもその理由は、しっかり向き合って、丁寧に考えていくことで、実は乗り越えられるものです。
それにも関わらず もし、しっかり向き合うことなく 心の抵抗に負けて、安易に乗り越えることを あきらめれば、残された矛盾や負担は未来に先送りすることになります。

1) 「変化への心の抵抗」を乗り越えてきた先人に学ぶ

 お墓や供養に関して、これまでのやり方を変えるとことで、「本当に成仏できるの?」「生きている人の都合で 変えるのは罰当たりじゃない?」という不安が 少なからずあると思います。
 ところが、過去の歴史を振り返ると、実は時代背景に合わせて、お墓も、供養も、形・やり方を変えてきています。 例えば、数十年前の土葬から火葬への変化も、大きな変化の一つです。 身勝手な変更では困りますが、時代背景に基づく変化だとすれば、それは大事なことです。

土葬から火葬への変化
99.9%以上が火葬の現在では、火葬は当たり前ですが・・。
ほんの100年ほど前、1900年代は「土葬」が6~7割ありました。1960年代になっても、「土葬」が3割ほど残ってました。
「土葬」が当たり前の人にしてみれば、「火葬」は、「焼かれるなんてたまらない」「故人を燃やすなんて罰当たりだ」等と考えられていたそうです。 そういう人たちも火葬への変化に応じ、今では火葬が当たり前です。

火葬化は行政の指導でした。その広がりは公営火葬場の整備とともに進みました。火葬への移行は、決して供養に対する思想が変わったからではなく衛生面墓地の用地確保の関係など現実的な側面に基づくものでした。

2) 現在も大きな時代の変わり目

現在も、無縁墓が社会問題になるなど、従来のお墓・供養のかたち・やり方が、今の多様化した生活に適合できずに、矛盾が表面化しています。

従来のままでは維持が困難な お墓・供養の かたち・やり方を、子や孫などの次の世代に先送りするのではなく、今、真剣に向きあって必要なところを変えていくことが、時代の変わり目にいる 私たちの役目なのかもしれません。

供養
火葬

散骨にはできない 故人を偲ぶ お墓参り

残された人への負担を考慮して、お墓をつくらずなどへの「散骨」を選ぶ人もいます。 でも散骨の場合、遺族が故人を偲ぶときにお参りする場所がありません。 これはこれで寂しいことです。

永代供養墓なら、お墓はありますから、お墓参りもできます。

通常のお墓と違って、管理や供養に決まりはないので、忙しくても自分たちのタイミングでお参りすることもできます。

永代供養墓を選ぶときに、お参りしやすい土地を選ぶという考え方もありだと思います。

海


永代供養墓にもいろいろ

合葬墓/合同墓/合祀墓など」
 他の方々と一緒に納骨(又は埋葬)されます。 墓石代は不要で、費用的にはかなり安くできる場合も多いです。 知らない人と一緒のお墓ということに抵抗がある方には向かないです。 また、いったん納骨(又は埋葬)されると改葬・分骨することは通常できません。

個別納骨の永代供養墓
 他の方々の遺骨とまざることのないように、個別に納骨できる永代供養墓で、墓石代が不要のものです。 33回忌や50回忌などの一定期間を過ぎると、合祀に移されるものも多いです。

個人墓の永代供養墓
 個別に納骨し、墓石もある個人墓の永代供養墓です。 一般のお墓より小型の墓石で価格も抑えられていることが多いです。 33回忌や50回忌などの一定期間を過ぎると、合祀に移されるものも多いです。

夫婦墓・家族墓・先祖墓の永代供養墓
 夫婦又は家族、あるいは先祖のお墓の永代供養墓です。 規模が大きいほど費用がかかります

樹木葬墓地や自然葬
 永代供養墓とは違うかたちですが、永代供養墓のように 後継者・維持管理・管理料の不要なお墓のかたちの一つです。 直接土に埋葬する自然葬や、シンボルツリーのもとに埋葬する樹木葬などがあります。 樹木葬には、土に埋葬するタイプのほか、納骨室に納骨するタイプもあります。

供養塔
小さいお墓
樹木葬

郵送で納骨を受け付ける永代供養墓も

永代供養墓の中には、郵送による遺骨の受付をし、リーズナブルな価格で納骨を行うところもあります。郵送のため全国対応です。 昔の人が聞いたらビックリするでしょうね。

郵送


土地に縛られず納得のお墓探し

永代供養墓なら、お墓の維持管理に手間も費用もかからないのですから、住んでいる土地に縛られる必要性も薄く、お墓選びの自由度も広がります。

実際、住んでいる土地とは離れた場所(その人の故郷・ゆかりの地・思い入れの強い土地・満足の永代供養墓がある土地等々)のお墓を購入する人たちもいます。

東北各地の墓地・霊園を紹介するこのサイトには、「後継者・管理料なしでも永代使えるお墓」がいろいろありますので、納得のお墓を見つけるのにも役立つと思います。

全国


供養の流れ・管理料はしっかりチェック

永代供養墓は、霊園やお寺などの運営者によってその内容が異なります。

管理料についても、納骨後は不要となるお墓も多いですが、管理料がないとは限りません。 しっかり内容や費用を確認して選ぶことが大事です。



角館霊園の樹木葬のお墓(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

生前にお墓
生前のうちに自分の入るお墓を購入する人も多いです。子や孫の負担を減らすということと、自身の思いを込めてつくるという側面もあるのかもしれません。仏教では生前に仏事をすることを「逆修」というそうで、生前に建てる自分の墓を「逆修墓」「寿陵墓」とも言います。有名人にも自分の墓を生前から建てている人が結構います。

奥州市・金ケ崎町の供養※霊園・墓地一覧@岩手県|永代供養墓も自然葬も!8件
岩手県奥州市や胆沢郡金ケ崎町にある霊園・墓地・供養の情報一覧。これからのお墓のことを考えるために必要な情報を。永代供養墓や自然葬など負担の少ない供養・墓についても。.....

真言宗
弘法大師(空海)が日本に伝えた仏教です。本尊は大日如来で、主な経典は大日経、金剛頂経などです。本山は金剛峯寺(高野山真言宗)で、また智山派は智積院です。お参りのときの手の合わせ方に、蓮華合掌、金剛合掌の2通りがあります。真言宗の位牌には戒名の上に梵字の「ア」にあたる字が入ります。

お墓一覧情報(霊園・墓地)秋田県由利本荘市|公営・民営・永代供養墓等々!9件
秋田県由利本荘市でお墓を考えるための墓地・霊園・墓園の一覧情報。公営・民営とも、また永代供養墓等についても。後継者がいない場合、あるいは家族みんなでお墓を考えるときに便利。.....

お彼岸の時期
彼岸には「春彼岸」と「秋彼岸」があり、年に2回おとずれます。「春分の日」と「秋分の日」が彼岸であることを知っている人は多いのですが、実はこの前後3日づつを含む1週間をお彼岸といいます。初日を「彼岸入り」といい、最終日を「彼岸明け」といいます。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved