墓地の永代使用料とは

お墓を建てるためには、そのための土地(墓地)が必要です。 永代使用料は、お墓のための土地(墓地)を永代使用するために支払うお金です。

墓地によってその金額は異なりますが、東北においても永代使用料が数十万円という墓地が多いです。
(東京では永代使用料が100万円を超す墓地も多いです。)

永代使用料は墓地(土地)に支払う費用です。墓石を建てる場合には、さらに墓石代や工事費がプラスされます。

一つ注意が必要なのは、その永代使用料だけで その墓地(土地)を永久に使用できるとは限らないということです。

もちろん普通に 墓地の取り決め通りに使用していれば、問題なくずっと使い続けられます。 しかし、例えば 毎年支払うはずの管理料が滞るなどの理由で、墓地の使用を取り消されることもあります。

そもそも永代使用料は、墓地(土地)の購入ではありません。 墓地(土地)を借りるために支払うお金と考える必要があります。

「墓を買う」という言い方が誤解の理由かもしれません
家族墓
墓地の区画

永代使用のための永代使用料以外の条件

墓地の使用にあたっては、永代使用料の他にも「決まり事」があります。 永代使用料は、墓地を永代使用するための条件の一つでしかないのです。

その「決まり事」には、管理料のほか、墓地によって お墓を建てる際の条件や期限など様々です。 これらの「決まり事」が守られないとき、墓地の永代使用が取り消されることもあります。

例えば「管理料」。墓地の利用にあたり 年間数千円~の あらかじめ定められた管理料を支払うことが一般的です。 公営・民営・寺院など、墓地の管理主体は様々ですが、いずれも管理料を支払うことが一般的です。

その他の「決まり事」の例・・

住民であること」・・市営・町営(公営)の墓地は、多くの場合、墓地購入時に市民や町民であることが条件になっています。

×年以内の墓建立」・・例えば「3年以内に墓を建てる」等、墓建立までの年限を条件にしている墓地もあります。(募集に応募が殺到するような公営墓地などで この条件が設定されたりします。)

規制墓地」・・墓石の大きさや形、色などが自由に選べない墓地です。規制墓地の範囲は墓石が揃っていて整然とした雰囲気があります。

使用規約


もし管理料を払わないと・・

墓地の管理料が払われないとどうなるのでしょうか? 「お墓の後継者がいない」、あるいは、「遠くに住んでいて連絡がとれない」など、近頃ありがちな状況が 幾つか考えられます。

この場合、もともとの規約などにもよりますが、永代使用が取り消されることもあります。 中には遺骨が合祀墓に改葬されて、お墓が墓じまいになるケースもあると聞きます。

いくら 永代使用料を払っていても、それだけで永代使用が保証されるわけではないということです。

永代使用料は、管理料など決めごとを守っている限りは、永代使用が認められるという条件付きであることを忘れてはいけないです。

使用取消し・改葬・墓じまい


管理料なしでも永代使えるお墓も

管理料なし(さらに後継者なし)でも、永代そのまま使える お墓も登場しています。

永代供養墓」や「樹木葬墓地」などです。

永代供養墓」には合祀墓の場合もありますし、管理主体が違うと内容も異なる場合もありますので、個別に調べる必要はあります。 しかし中には個人墓・夫婦墓・家族墓など比較的小さなお墓、あるいは普通のお墓に永代供養・永代管理が付く形で提供されている場合もあります。

樹木葬墓地」もまた、後継者や、継続した管理料なしで、永代の お墓にできるところもあり、多くの人たちに選ばれています。

遺族がいなくても、あるいは残された遺族に負担をかけずに永代の「お墓」を持てるというのは、一昔前には考えられない発想でした。

お墓の常識も変わってきています。

樹木葬


今住む土地に縛られないお墓探し

永代供養墓樹木葬墓地など、お墓の維持管理に手間も費用もかからないのであれば、お墓を建てる土地はもっと自由に選んでいいのかもしれません。

実際、今住む土地とは離れた場所(その人のふるさと・思い入れの強い土地・希望の永代供養墓がある土地等々)のお墓を購入する人たちもいます。

家族が近くに住むという理由だけで 故郷から離れた土地に お墓に建てても、その家族が引っ越してしまえば、縁もゆかりもない土地に お墓だけが取り残されることになります。 家族がその土地にずっと住み続けるとは限らない今のご時世だからこそ、思い切って 思い出が多い故郷にある 永代供養墓樹木葬墓地を選ぶという考え方もあります。

「後継者・管理料なしでも永代使えるお墓」探しを、今住む土地に縛られることなく、探してみるのにもこのサイトが役立つと思います。



このページの先頭に戻る

話題のチョイス

臨済宗の宗派
臨済宗の宗派には、妙心寺派、建長寺派、円覚寺派、南禅寺派、方広寺派、永源寺派、仏通寺派、建仁寺派、東福寺派、天龍寺派、相国寺派、向嶽寺派、国泰寺派、興聖寺派などがあります。各宗派の本山は京都市や鎌倉市、東近江市、甲州市、浜松市、三原市、高岡市などにあります。

仏教宗派の墓と供養|天台宗/真言宗/浄土宗/臨済宗/曹洞宗/浄土真宗/日蓮宗/時宗他
仏教の宗派や地域によって墓や供養の方法やしきたりが違います。どんな違いがあるのかを知ることで、もっと客観的に自分や自分の大切な人の供養やお墓について考える参考になるかもしれません。.....

永代供養墓
継承者によるお墓の維持管理や供養を等を必要としないお墓です。跡継ぎがいなかったり、あるいは子や孫がいても、遠く離れて暮らしており、お墓の管理にかかる負担が大きすぎて事実上維持管理が困難な場合に便利です。寺院や霊園が必要な期間の供養を継続して行います。

岩手県雫石町の供養とお墓|墓地・霊園の一覧|永代供養墓・樹木葬墓地も!5件
岩手県岩手郡雫石町で考える供養のこと。これまでどおり家族墓でいいのか。それとも将来の子や孫の負担軽減も考えるべきか。跡継ぎが要らない、将来の管理の不安もない永代供養墓や樹木葬墓地という方法もあります。相場把握に墓地の永代使用料の一覧情報も。.....

お墓と花の種類
お墓に供える花の種類には決まりがあるのでしょうか。特に決まりはないようです。でも習慣的に菊の花をよく見かけると思います。これは菊の切り花が長持ちすることも影響しているようです。故人の好きだった花や、そのときの花など、心がこもっていればどんな花でもいいそうです。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved