生活スタイルの変化で お墓の維持が困難に

従来のお墓(家族墓)は、家制度に基づいていて、子や孫も代々同じ土地に住み続けることが前提になっています。 家とともにお墓も継承していく仕組みです。

立派な石塔のお墓(家族墓)が広まった時代は、高度経済成長期などの好景気も背景にあります。
また家督・お墓だけでなく、家業も引き継ぐことが多かった昭和の時代です。例えば肉屋・魚屋・自転車屋など個人商店は、親から子へ引き継がれることが多かったです。 しかし次第にスーパーや大型店が広まってくると、個人商店は姿を消し、親とは違う職業を選ぶことが当たり前になり、それに伴って住む場所の選択肢も広がっていったのでした。

少子化核家族化、都市等への転勤・移住も当たり前のことになり、結果的に お墓を守っていく人が近くにいなくなるということも 少なくないです。

お墓は、ほったらかしでは荒れてしまいます。そうならないように掃除・草取り等の維持管理も必要です。 離れて住む人が お墓を維持していくのは、実はかなりの負担であり、「墓じまい」や「改葬(墓の引越し)」で悩む人が多いのはそのためです。

継承者がおらず、無縁墓となるお墓も少なくなく、社会問題にもなっています。

生活スタイルの多様化で、従来型のお墓(家族墓)には限界も見えてきています。

供養
家族墓
家族墓と社会変化

遺族の負担 vs 本人の思い

従来のお墓・供養では、お盆やお彼岸のお墓参りの他、故人の命日に1周忌、3回忌、7回忌、・・等の年忌の供養が行われます。 年忌は三十三回忌や五十回忌までをメドにする地域も多いです。

都市への移住や転勤など、住む土地が変わることが珍しくないご時世だけに、子や孫に長い期間にわたるお墓の維持を期待するのは難しいのかもしれません。

離れた土地のお墓の維持を続けるのは、負担が大きいことです。

とはいえ、何十年もお墓を守ってきた人にとって、従来の供養は当たり前のことであり、体と心にしみついたやり方を変えることは、ある意味過去を否定することですし、不安と感情的な抵抗も大きいです。

これからのお墓・供養を考える人は、「過去から受け継がれてきた思い」と「今後残された人にかかる負担」の板挟みの中で、答えを出していかないといけません。

年忌法要
遠いお墓

いくつかの選択肢

本人の思いも、遺族の気持ちも、全てを成り立たせることは非常に難しいことかもしれません。

矛盾する部分は、お互いに折り合いをつけて、選択していく必要があります。

実は すでに多くの人が この悩みに取り組んでおり、その経験から新たな解決方法も登場してきています。

例えば「散骨」「分骨」「手元供養」「樹木葬」「永代供養墓」などが、あなたにとっても問題解決の選択肢の一つとなるかもしれません。

どのような答えになるにしても、時間をかけて話し合う事が大事です。
とはいえ、大切な人が亡くなった時のことを考えることは「縁起でもないこと」だけに、話題にするのを避けたくなる気持ちもあって簡単ではないですね。

海への散骨
樹木葬

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

神仏分離
神道と仏教、神と仏をはっきり区別しようとする動きです。江戸時代にもその動きはありましたが、よく知られるのは明治の神仏分離でしょう。神仏分離令を発して、神仏習合を禁じました。神仏分離令は意図とは別に結果的に「仏教排斥」の流れも作り出してしまいました。

岩手県滝沢市の墓地・霊園の一覧情報|宗教不問も永代供養墓も!31件
岩手県滝沢市で考える供養のこと。霊園・墓地について。継承者不要の永代供養墓も気になるところですが、普通のお墓も気になります。まずはお墓の選択肢を知ることから。.....

宗派が分からない
核家族化などを背景に、実家の宗派を認識することなく生活していて、自分の宗派が分からないという人も多いです。お墓の継承者でもなければ、親と同じ宗派でいる必要性も、普段の生活では感じることもないので、無宗教と認識している人も多いです。核家族化を機に仏教から若い人が離れていっているような気がします。

秋田県大仙市の霊園・墓地一覧!お墓探し・選びをお助け!永代供養も!13件
秋田県大仙市で考える供養のことお墓のことに、霊園・墓地の一覧情報がお助け。墓を守る人の負担を考えた永代供養なども。跡継ぎがいない人、安いお墓・供養を探している人にも。.....

2つの散骨
海や空に粉状にした遺骨をまくのも「散骨」ですが、お墓に遺骨を何にも包まないで、納骨する場所に直にいれることを「散骨」という場合もあります。骨壷などを使わない地域での埋葬の方法で、それ以前に入っていた遺骨とは混ざることになります。家墓なら混ざるのは身内ですが。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved