生活スタイルの変化で お墓の維持が困難に

従来のお墓(家族墓)は、家制度に基づいていて、子や孫も代々同じ土地に住み続けることが前提になっています。 家とともにお墓も継承していく仕組みです。

立派な石塔のお墓(家族墓)が広まった時代は、高度経済成長期などの好景気も背景にあります。
また家督・お墓だけでなく、家業も引き継ぐことが多かった昭和の時代です。例えば肉屋・魚屋・自転車屋など個人商店は、親から子へ引き継がれることが多かったです。 しかし次第にスーパーや大型店が広まってくると、個人商店は姿を消し、親とは違う職業を選ぶことが当たり前になり、それに伴って住む場所の選択肢も広がっていったのでした。

少子化核家族化、都市等への転勤・移住も当たり前のことになり、結果的に お墓を守っていく人が近くにいなくなるということも 少なくないです。

お墓は、ほったらかしでは荒れてしまいます。そうならないように掃除・草取り等の維持管理も必要です。 離れて住む人が お墓を維持していくのは、実はかなりの負担であり、「墓じまい」や「改葬(墓の引越し)」で悩む人が多いのはそのためです。

継承者がおらず、無縁墓となるお墓も少なくなく、社会問題にもなっています。

生活スタイルの多様化で、従来型のお墓(家族墓)には限界も見えてきています。

あなたの悩みはどれですか?
供養
家族墓
家族墓と社会変化

遺族の負担 vs 本人の思い

従来のお墓・供養では、お盆やお彼岸のお墓参りの他、故人の命日に1周忌、3回忌、7回忌、・・等の年忌の供養が行われます。 年忌は三十三回忌や五十回忌までをメドにする地域も多いです。

都市への移住や転勤など、住む土地が変わることが珍しくないご時世だけに、子や孫に長い期間にわたるお墓の維持を期待するのは難しいのかもしれません。

離れた土地のお墓の維持を続けるのは、負担が大きいことです。

とはいえ、何十年もお墓を守ってきた人にとって、従来の供養は当たり前のことであり、体と心にしみついたやり方を変えることは、ある意味過去を否定することですし、不安と感情的な抵抗も大きいです。

これからのお墓・供養を考える人は、「過去から受け継がれてきた思い」と「今後残された人にかかる負担」の板挟みの中で、答えを出していかないといけません。

年忌法要
遠いお墓

いくつかの選択肢

本人の思いも、遺族の気持ちも、全てを成り立たせることは非常に難しいことかもしれません。

矛盾する部分は、お互いに折り合いをつけて、選択していく必要があります。

実は すでに多くの人が この悩みに取り組んでおり、その経験から新たな解決方法も登場してきています。

例えば「散骨」「分骨」「手元供養」「樹木葬」「永代供養墓」などが、あなたにとっても問題解決の選択肢の一つとなるかもしれません。

どのような答えになるにしても、時間をかけて話し合う事が大事です。
とはいえ、大切な人が亡くなった時のことを考えることは「縁起でもないこと」だけに、話題にするのを避けたくなる気持ちもあって簡単ではないですね。

海への散骨
樹木葬

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

名取市*霊園・墓地・墓園の情報一覧*公営・民営・寺院墓地・永代供養も!8件
宮城県名取市で考えるお墓選び・調べに役立つ情報。公営・民営・寺院境内・共葬墓地などそれぞれの長所・短所を考えて検討。家族墓・個人墓・夫婦墓・永代供養墓なども。.....

法華経
初期大乗仏教経典のひとつなんだそうです。天台宗や、日蓮宗系の宗派では重要な経典です。例えば7つのたとえ話の物語もよく知られています。三車火宅、長者窮子、三草二木、化城宝処、衣裏繋珠、髻中明珠、良医病子の7つです。法華七喩といわれます。法華経は聖徳太子とも関係が深いです。

青森県弘前市&南津軽郡で探す墓地・霊園情報集|宗教不問/永代供養墓等!7件
青森県弘前市と南津軽郡(藤崎町・大鰐町)で考える墓・供養のための霊園・墓地情報。公営・民営の霊園や永代供養墓などについても。宗教不問なども。.....

両家墓
一人っ子同士が結婚した場合など、それぞれの墓を別々に管理するより一つにしたほうが管理の負担が減ることから出てきたお墓です。両家の名前が彫られたお墓や、同じ区画の中にそれぞれのお墓があるものもあります。寺院墓地だと宗派の関係で改葬が難しいこともあるので、公営や民営の霊園のほうが建てやすいようです。

密葬
家族やごく親しいものだけでとりおこなう葬儀のことです。葬儀にあまり費用をあてられない場合などに選択されます。故人の希望で行われることもあるようです。通常は新聞に掲載したりして、広く知らせて行うものですが、事情により密葬となる場合もあります。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved