生活スタイルの変化で お墓の維持が困難に

従来のお墓(家族墓)は、家制度に基づいていて、子や孫も代々同じ土地に住み続けることが前提になっています。 家とともにお墓も継承していく仕組みです。

立派な石塔のお墓(家族墓)が広まった時代は、高度経済成長期などの好景気も背景にあります。
また家督・お墓だけでなく、家業も引き継ぐことが多かった昭和の時代です。例えば肉屋・魚屋・自転車屋など個人商店は、親から子へ引き継がれることが多かったです。 しかし次第にスーパーや大型店が広まってくると、個人商店は姿を消し、親とは違う職業を選ぶことが当たり前になり、それに伴って住む場所の選択肢も広がっていったのでした。

少子化核家族化、都市等への転勤・移住も当たり前のことになり、結果的に お墓を守っていく人が近くにいなくなるということも 少なくないです。

お墓は、ほったらかしでは荒れてしまいます。そうならないように掃除・草取り等の維持管理も必要です。 離れて住む人が お墓を維持していくのは、実はかなりの負担であり、「墓じまい」や「改葬(墓の引越し)」で悩む人が多いのはそのためです。

継承者がおらず、無縁墓となるお墓も少なくなく、社会問題にもなっています。

生活スタイルの多様化で、従来型のお墓(家族墓)には限界も見えてきています。

あなたの悩みはどれですか?
供養
家族墓
家族墓と社会変化

遺族の負担 vs 本人の思い

従来のお墓・供養では、お盆やお彼岸のお墓参りの他、故人の命日に1周忌、3回忌、7回忌、・・等の年忌の供養が行われます。 年忌は三十三回忌や五十回忌までをメドにする地域も多いです。

都市への移住や転勤など、住む土地が変わることが珍しくないご時世だけに、子や孫に長い期間にわたるお墓の維持を期待するのは難しいのかもしれません。

離れた土地のお墓の維持を続けるのは、負担が大きいことです。

とはいえ、何十年もお墓を守ってきた人にとって、従来の供養は当たり前のことであり、体と心にしみついたやり方を変えることは、ある意味過去を否定することですし、不安と感情的な抵抗も大きいです。

これからのお墓・供養を考える人は、「過去から受け継がれてきた思い」と「今後残された人にかかる負担」の板挟みの中で、答えを出していかないといけません。

年忌法要
遠いお墓

いくつかの選択肢

本人の思いも、遺族の気持ちも、全てを成り立たせることは非常に難しいことかもしれません。

矛盾する部分は、お互いに折り合いをつけて、選択していく必要があります。

実は すでに多くの人が この悩みに取り組んでおり、その経験から新たな解決方法も登場してきています。

例えば「散骨」「分骨」「手元供養」「樹木葬」「永代供養墓」などが、あなたにとっても問題解決の選択肢の一つとなるかもしれません。

どのような答えになるにしても、時間をかけて話し合う事が大事です。
とはいえ、大切な人が亡くなった時のことを考えることは「縁起でもないこと」だけに、話題にするのを避けたくなる気持ちもあって簡単ではないですね。

海への散骨
樹木葬

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

開眼法要
仏教では新しいお墓には、開眼法要というのがあります。墓石が建てられて整ったら、家族や親戚・親しい知人も招いて行うものです。初めて遺骨が入るときに、納棺式と同時に行う場合もあるそうです。開眼法要は霊園に紹介してもらった僧侶にお願いする事も多いそうです。

後継者が要らない・子や孫に負担をかけないお墓選び
少子化、住居・職業の選択肢の多様化、ライフスタイルの多様化などを背景に、無縁墓が社会問題になったり、離れた土地のお墓の維持・改葬・墓じまいに悩む人も多い時代です。後継者や跡継ぎがいらないお墓(永代供養墓、樹木葬墓地など)が問題解決に役立ちます。.....

分骨
分骨とは遺骨を別々に保管することです。なんだかからだをバラバラにするようで、抵抗を感じる人もいるようです。でもお釈迦さまも分骨されたように、特に問題はないそうです。でも分骨した遺骨が粗末にならないように注意したいです。「分骨証明書」も大事です。

釜石市・上閉伊郡のお墓|墓地・霊園・供養の一覧から@岩手県|永代供養墓も!6件
岩手県釜石市や上閉伊郡(大槌町)でお墓を考えるときに役立つ霊園・墓地の一覧です。永代供養墓等気になるお墓も。故人も残された人にも納得のお墓選びを。.....

斎場
葬儀・葬式を行える場所・施設のことをいいます。斎場のための施設が近くにない地域では、公民館を利用したりすることもあります。またホテルなどでも結婚式場を利用して葬儀が行えるようにすることもあります。火葬場とセットになっている斎場もけっこうあります。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved