なぜ樹木葬墓地が選ばれているかご存知ですか?

樹木葬とは&その特徴

樹木葬は近年登場した供養の形です。 現代の生活スタイルと矛盾しないこともあり、多くの人に選ばれ、全国的に広がっています

シンボルツリーと呼ばれる樹木のもとに埋葬又は納骨される供養のかたちです。 大きな特徴としては、遺族に管理の負担がないことです。 一方で、散骨と違い お墓は存在するので、遺族が手を合わせる場所が残ります。

全国に広がっている樹木葬は、どこも同じではなく、それぞれに特徴や個性があったりします。

たとえば、ひとつのシンボルツリーに複数の区画が用意されて供養されるタイプのほか、一霊一霊に樹木を植えるタイプもあります。

直接地面に遺骨を埋葬する場合もありますし、コンクリートの納骨室に納骨するものもあります。
自然葬としての考えを重視し、プレート等の人工物を一切設置しない樹木葬もありますが、その一方で、墓石の代わりとしてプレートを設置する樹木葬もあります。

樹木葬
全国各地

樹木葬墓地が選ばれる理由

社会背景の変化

少子化、高齢化、職業・住む土地の選択肢の多様化などの社会の変化を背景に、従来の家制度をベースにした家族墓の維持が難しくなってきています。

無縁墓が社会問題化する一方で、多くの人が 子や孫に負担のかからない お墓を 選択しだしています。 樹木葬墓地もそのひとつです。

樹木葬墓地が選ばれている理由

後継者(墓守)がいらない」「維持管理がいらない」「埋葬・納骨後の管理費用がかからない」という樹木葬も多く、その点が選ばれる理由になっているようです。
また 墓石を要さず、プレート設置程度などで「経済的」に お墓が準備できることも理由の一つです。従来の家族墓に比べれば、格安といえるほどの差です。

管理の負担がないことは、家族の住む場所に しばられない お墓選びができることにもつながります。故人の故郷や希望する地、あるいは気に入った樹木葬がある土地のお墓が選ばれることもあります。

このような理由は、永代供養墓が選ばれている理由と重なります。

家族墓と社会変化

自然葬への共感

自然葬の一つとして、自然に還るということに共感し、樹木葬墓地を選ぶ人もいます。

自然葬には、海などへの散骨もあります。 散骨の場合、お墓のように 遺族が手を合わせる場所がないと、寂しがる人もいるそうです。

海への散骨

シンボルツリーの数

「一つのシンボルツリーに複数の区画」と「一霊に一つのシンボルツリー」の場合があります。

「一霊に一つのシンボルツリー」のほうが丁寧なイメージですが、「一つのシンボルツリーに複数の区画」にも見落とせないメリットがあります。

その一つが献花です。献花のないお墓は寂しく感じますが、一つの献花台を複数の区画で共用している場合、献花が絶えにくく、その分寂しくないと思います。

もちろんシンボルツリーがありますので、献花がなくても寂しさは普通のお墓よりは薄いかもしれませんね。



樹木葬の木の種類

サクラ、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、ムシカリ、ツリバナ、モミジなどです。

たとえばサクラの中でも、「陽光桜(ようこうさくら)」は、映画化もされましたが、平和と鎮魂を願う木としてはすごく相応しく感じます。

ハナミズキは、「アメリカヤマボウシ」という別名がありアメリカ原産なんだそうです。庭木や街路樹などでもおなじみの木です。

モミジといえば、秋の紅葉が楽しみな木です。四季を感じさせる木であり、庭木、盆栽としても人気の木です。

サクラ
モミジ

埋葬・納骨の方法もいろいろ

たとえば里山型と呼ばれる方式では、自然に還るという考え方で、遺骨は直接地面に埋葬されます。 埋葬した場所には、墓石・プレートなどの人工物を一切残さないため、埋葬した後しばらくすると、現地で見ただけでは どこに埋めたかも分らなくなるそうです。
自然に還るという意図では、最も適した方法かもしれません。

埋葬した場所をプレートなどで特定できるかたちで、土に埋葬するものもあります。 自然に還るということを意図しつつ、遺族たちのお参りにも配慮した形だと思います。 手を合わせるべき場所を特定できたほうが、気持ちが落ち着きそうです。

土への直接埋葬ではなく、コンクリートの納骨室があり、そこに納骨するものもあります。 自然に還るのには時間がかかりますが、カロートなどへの納骨に慣れていて、土への直接埋葬に抵抗がある人には、受け入れやすいかもしれません。

いろいろありますので、本人や家族の気持ちを考えて、きちんと選ぶことが大事です。

山の風景
樹木葬

永代供養墓との比較

お墓の跡継ぎが不要で、管理の負担や管理料の心配がない墓という点では、永代供養墓と共通する特徴です。

お寺や霊園の永代供養墓にするか、樹木葬にするか、悩まれることもあると思います。

比較の際の検討は、費用やお墓の場所だけでなく、供養の内容、墓地の雰囲気、運営者への信頼感など、詳しいところまで確認して考えることが大事です。



角館霊園の樹木葬のお墓(kakunodatereien.com)
(もっと詳しい内容は ↑クリック↑ )

このページの先頭に戻る

話題のチョイス

北秋田市/上小阿仁村の霊園・墓園・墓地の情報一覧|公営/民営も永代供養墓も!24件
秋田県北秋田市と北秋田郡小阿仁村で考えるお墓のこと。まずは霊園・墓地・墓園の一覧から。家族との相談にも。後継者がない、又は子や孫に負担をかけたくないときのお墓なども。永代供養墓も。さらに永代使用料の一覧も相場把握の参考に。.....

冨士霊園
64万坪という広大な霊園です。昭和40年に開園されました。静岡県駿東郡小山町にあります。規格墓所、自由墓所、合葬墓の永代供養墓などがあります。礼拝堂があり法要も行うことができます。インターネットを通じた参拝ができる、ネット墓参の仕組みもあり、供花もできます。

青森県十和田市にある供養・墓地・霊園を一覧|永代供養墓や宗教不問も!2件
青森県十和田市にある墓地や霊園、供養について検討に必要な情報を一覧で整理。従来ながらのお墓に限らず、永代供養墓なども。民営・公営もチェック。.....

永代使用料の払い戻し
永代使用料は払い戻さないのが原則です。承継者の問題などで墓じまいをしないといけない場合でも、永代使用料が払い戻されることはありません。もし払戻金があれば、墓じまいの費用に補てんしたいところかもしれませんが、残念ながらそのあてにはできないのでした。

霊園の民営・公営
墓地・霊園には民営の霊園と公営のものがあります。公営は市町村などの自治体が運営管理しています。民営は寺院や許可を受けた法人などが運営しています。法改正により霊園経営への参入は昔ほど自由ではないそうです。民営と公営それぞれ特徴がありますが、一律ではないので個別に判断することが大事です。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved