小さな葬儀が選ばれる理由

家族葬や密葬など、小さな葬儀が耳慣れたものになりました。

核家族化が進み、さらに子や孫が同じ土地に住み続けるとは限らず、親戚づきあいは昔より希薄になってきています。

高齢化が進み、健康又は移動手段などの理由で、故人と同世代の人たちの葬儀への出席が難しくなっている面もあります。

さらに景気が良かった昔と違い、葬儀に十分な費用をかけられる人も少なくなってきています。

小さな葬儀も実績が増えていくにつれて、時代に合っている分、どんどん浸透してきています。




小さな葬儀の一覧

【直葬】ちょくそう/じきそう
 「火葬式」などとも呼ばれます。いわゆる通夜や葬式といった宗教的な儀式を行いません。中には火葬の際に僧侶を呼んで枕経を唱えてもらったりする場合もあるようです。

【家族葬】かぞくそう
 家族など非常に身近な人たちで行う葬儀です。通常の葬儀と違い、弔問客がいません。

【密葬】みっそう
 家族や近い親類・友人のみで行う小規模な葬儀です。家族葬と違い、密葬とは別に本葬や社葬などが行われる場合もあります。



小さな葬儀は安くできる?

小さな葬儀は経済的に費用を抑えて行うことも可能です。

しかし葬儀が「小さい」からといって、かならずしも経費が「安い」とは限りません。

遺体の搬送、火葬など葬送に必要な最低限の費用のほか、葬儀などの会場、祭壇づくりやお布施など、弔問客の多寡に関係なくかかる費用もあります。その一方で、弔問客がいないということは香典などが期待できません。

費用を抑えるためには、欠かせないものと省略するもの やりくりが必要です。 従来どおりの葬儀に近いかたちで行う場合、「小さい」から「安い」とは限らないことに注意が必要です。




直葬は葬儀屋なしで家族だけでできる?

法律的には問題ありません。直葬は家族など近い身内だけで行うこともできます。

葬儀屋を使わないで家族だけでの直葬を考えた時、最も心配なのは、遺体の搬送だと思います。たとえば火葬場まで行くときなどです。

遺体の搬送には、必ず医師の書いた「死亡診断書」が必要ですので、搬送中もいつでも提示できるように携行することが欠かせません。

さらにほかにも遺体搬送ならではの車内外での準備や注意点もあるようです。

不慣れで不安が多いため、普通は葬儀屋に依頼する人が多いです。



小さな葬儀と弔問について

小さな葬儀の場合、弔問客を想定していない分、弔問客がたくさん訪れらときに問題が起こります。(例えば、混雑が周辺の迷惑を引き起こしたり・・、)



このページの先頭に戻る

話題のチョイス

お墓の造花
お墓にお供えする花に造花を見かけることがありますが、これはどうなのでしょうか。きれいに見えても造花と生花では印象が違います。できれば生花のほうがいいのかもしれませんが、生花は枯れたり腐ったりするので放置できません。しばらくきれいなままというのは造花の長所です。

花巻市|霊園・墓地・供養の一覧情報@岩手県|永代供養墓も宗教不問も!10件
岩手県花巻市で考える自分と大切な人のためのお墓・供養について。まずは霊園・墓地の一覧が便利。将来の負担を考えた永代供養墓なども。.....

曹洞宗
曹洞宗は禅宗の一派です。座禅を実践するという特色があります。日常生活の一つ一つを修行とみなすそうです。宗祖は道元禅師で、本尊は釈迦牟尼仏です。仏壇は金箔の金仏壇より唐木仏壇が用いられるようです。枕教のことを曹洞宗ではとくに臨終諷経というそうです。

山形市の霊園・墓地・墓園の一覧情報|公営・民営・寺院・永代供養墓なども!26件
山形県山形市で考える墓地について。墓苑・霊園・墓地の情報一覧から。公営・民営・寺院などをまとめて掲載。維持管理や後継者問題に応える永代供養墓なども。.....

ドライブスルー型の葬儀
ドライブスルー型の葬儀の登場が話題になりました。名前だけ聞くと非常に不謹慎なイメージを抱きかねないですが、高齢化社会を背景に登場したスタイルです。参列する人の高齢化で、なかには身体的な事情で普通の葬儀には耐えられないという人も多いです。車から降りることなく焼香できるスタイルです。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved