仏教の主な宗派/東北に多い宗派

奈良仏教系といわれる「法相宗」「律宗」「華厳宗」。

密教系といわれる「真言宗」「天台宗 」。

法華系といわれる「日蓮宗」。

浄土系といわれる「浄土宗」「浄土真宗」「融通念仏宗」「時宗」。

禅系といわれる「曹洞宗」「臨済宗」「黄檗宗」。

これら13宗派が代表的な宗派で、ほかにもあります。

東北では、圧倒的に曹洞宗の寺院が多いです。特に岩手県、宮城県、秋田県、山形県では、寺院の半数前後を曹洞宗が占めるようです。 各県にある寺院の宗派は以下のような状況です。

青森県では、曹洞宗が最も多く、次いで浄土宗や、真宗大谷派、日蓮宗などが多いです。

岩手県でも、曹洞宗が最も多いです。そのほかでは天台宗(平泉町など)や、真宗大谷派、浄土宗、真言宗智山派、日蓮宗、臨済宗妙心寺派などもあります。

宮城県でも、曹洞宗が最も多いです。そのほかでは真言宗智山派、臨済宗妙心寺派、浄土宗、日蓮宗、天台宗(遠田郡涌谷町など)などもあります。

秋田県でも、曹洞宗が最も多いです。そのほかでは真宗大谷派、浄土宗、日蓮宗、さらに真言宗智山派、浄土真宗本願寺派もあります。

山形県でも、曹洞宗が最も多いです。そのほかでは真宗大谷派、浄土宗、天台宗、真言宗智山派、真言宗豊山派などがあります。なお寒河江市には、慈恩寺を本山とする慈恩宗の寺院があります。

福島県では、曹洞宗が最も多く、次いで真言宗豊山派、真言宗智山派(いわき市など)、浄土宗、天台宗が多く、臨済宗妙心寺派などもあります。

宗派で異なる葬送・墓の違い あなたはどれだけ知ってます?


宗教・宗派によって多様な 葬送方法

死に対する葬送では、宗教的な考え・儀式を 非常に重要なものとして重んじます。しかしその割に、その内容・方法は、宗教・宗派によって実に様々です。

同じ仏教の中でも 宗派によって葬儀の内容・方法には隔たりがあります。ある宗派では必要なものが、べつの宗派では不要であったりします。複数の宗教・宗派の葬儀を経験したことがある人は 紛らわしいと感じるところかもしれません。

たとえば、亡くなってすぐに行う枕教(まくらきょう)ですが、あげる宗派と そうでない宗派があります。
葬儀で唱える お経も宗派によって実は内容が違います

天台宗」では「臨終の鐘」として小さな鐘を鳴らします。
臨済宗」では大声の「喝」が特徴的かもしれません。

浄土宗」は、極楽浄土への旅立ちとする考えから、脚絆・草鞋・経帷子などの死装束を身につけさせます。

神道」の場合は葬儀ではなく「神葬祭」といいます。 仏教とは違った雰囲気の儀式です。

キリスト教」の場合もかなり雰囲気は違います。 仏教や神道との大きな違いは、死者崇拝をしないことなんだそうです。 死者への追悼と、残された者への励ましがメインです。

葬送


宗教・宗派にお構いなく普及した火葬

死に対する葬送は、宗教的な考え・思想を重んじて、一つ一つ細かなところまで儀式や所作が決まっています。

ところが、宗教的な考え・思想に、ビックリするほど お構いなしに変更された葬送内のプロセスもあります。

たとえば「火葬」です。

もともと日本でも「土葬」が多かったのですが、行政が主導して「火葬」への移行が行われました。公営の火葬場がどんどん整備され、短い期間で「火葬」化が進みました。

100年ほど前の1900年代には6~7割あった「土葬」が、今ではほとんどなくなり、99.9%が「火葬」です。「土葬」が当たり前だった頃の人は、「焼かれるなんてたまらない」「故人を燃やすなんて罰当たりでできない」という認識で抵抗も強かったそうですが、今では何の疑問もなく「火葬」が行われています

葬儀においては、ご遺体の装束や様々な手順などが、宗派の考えに沿って こと細かに行われることが多いです。決められた通り行わないと、昔の人には「罰当たり」と叱られたものでした。

ところが「土葬」から「火葬」へという大きな変化は、「宗教的な意向」や「先人たちの思い・抵抗」には 全くというほど お構いなしに進みました。

この経験を通じて言えるのは、通常は尊重されるべき宗教的な手順・方法も、必ずしも絶対のものではなく、事情に応じて変更が やむを得ない場合があるということでしょう。

現在は少子化・高齢化・核家族化などを背景に、「無縁墓」や「墓の後継者問題」が社会問題となっています。 後継者がいなかったり、あるいは離れた土地に住み、墓守の高齢化も進んで、管理されず荒れるお墓も増えています。

このような状況から、お墓に対して頑固なほど昔気質な人からも「後継者に頼らないタイプの お墓」が選ばれるようになっています。

火葬
無縁墓などお墓の問題
樹木葬墓地

「戒名」は必要?/宗派の違い/トラブル

戒名」は亡くなった後に故人につける名前というイメージが強いですが、それは誤りです。 そもそもは仏教で仏門に入った証しとして与えらる名前とのことで、亡くなってからもらう名前というわけではありません。 亡くなってから戒名をつける習慣は日本では盛んですが、世界まで視野を広げるとそれが当たり前というわけではないようです。

この戒名に宗派による違いを見る事もできます。

浄土真宗」では戒名といわず「法名」といいます。「釋○○」という形です。「釋」は、お釈迦様の弟子という意味があるそうです。お寺に多大な貢献(寄付等)がある場合には「○○院釋○○」という形になる場合もあります。

「真言宗」「天台宗」「浄土宗」「曹洞宗」「臨済宗」「日蓮宗」などでは、戒名(又は法号)にもランクがあり「○○信士○○信女」「○○居士○○大姉」等が使い分けられます。さらにランクが上がると「○○院」というのが上に付きます。

浄土宗」の戒名には「」という字が入ります。
時宗」では「」や「」が入ります。
天台宗」「真言宗」は上に梵字を書きます。

日蓮宗」は戒名とは言わず「法号」といい、「」や「」という字が入ります。

高額な戒名料を巡るトラブルもよく耳にします。 数十万円、数百万円というお金が動くこともあります。 近ごろはネットが便利になり、数万円でもらえる戒名もあります。(檀家の場合には、自分のお寺を無視して利用するわけにはいかないと思いますが・・)

僧侶の「戒名」の説明により、故人に はずかしくない「戒名」をつけてもらうことが、当たり前のことのように思えて、高額なお金を払う人もいます。

「戒名」は同じ宗派でも、寺院によって費用は違います。宗派が違うと、型・考え方も違います。そのため、たとえ何十万円、何百万円支払った「戒名」でも、もし宗派が変われば、「戒名」はつけ直しとなることもあります。

日本以外は、仏教徒でも亡くなった後の「戒名」は盛んではないそうです。
また日本人の中でも「戒名」がない人はたくさんいます。(神道やキリスト教、天理教、その他、仏教以外の信仰や、無宗教の人等々。)

「本当に戒名が必要なのか?」から、一度考えてみるのも大事なことだと思います。




宗教・宗派によって多様な 墓

同じ仏教でも、塔婆立を要したり不要だったり、違いがあります。 墓石への文字の刻み方にも、宗派の違いが見られます。

「天台宗」「真言宗」「浄土宗」などは、墓石の一番上に梵字があります。 「天台宗」は釈迦如来又は阿彌陀如来を表す梵字で、「真言宗」は大日如来を表す梵字、「浄土宗」は阿彌陀如来を表す梵字です。

墓石に「倶舎一處」の文字が刻まれていたら「浄土真宗」かもしれません。「日蓮宗」では頭に「妙法」という文字が入ります。



宗派によって多様な 仏壇

仏教ではお墓だけではなく、仏壇もあります。 この仏壇は宗派によって違いますので、宗派に合った仏壇にする必要があります。

本尊も宗派によって異なりますし、位牌などの配置も違います。 高祖や宗祖などをまつる宗派もあります。

仏壇を準備する際には、菩提寺に詳しく確認する必要があります。 その菩提寺と懇意な仏壇店で選ぶのが無難かもしれません。 仏壇もお墓に負けずに高額のものですし、間違いがないように注意が必要です。



このページの先頭に戻る

話題のチョイス

真言宗の宗派
真言宗の宗派は大きく「古義真言宗」と「新義真言宗」にわけられるようです。新義真言宗には、「智山派」や「豊山派」があります。古義真言宗には、「高野山真言宗」、「高野山東寺派」、「善通寺派」、「醍醐派」、「御室派」、「山階派」、「泉涌寺派」などがあります。

彼岸とお墓参りの意外な関係
彼岸にお墓参りをするのは日本では常識ですが、実は他の仏教国では行われていない風習とのことです。つまり彼岸のお墓参りは仏教に由来するものではないのかもしれません。春分と秋分は昼と夜がほぼ同じ長さになる日ですが、このタイミングにお墓参りをするというのは神道の影響もあったという説もあります。

秋田県仙北市にある霊園・墓地を一覧で調べる|永代供養墓・樹木葬も!8件
秋田県仙北市でのお墓探し・選びをお助け。墓地・霊園の一覧情報。跡継ぎ問題や維持管理の負担経験の永代供養墓・樹木葬も。.....

岩手県盛岡市の終活情報|霊園・墓地・供養の一覧|永代供養墓/樹木葬等!11件
岩手県盛岡市で考える終活のための情報。墓地・霊園の一覧や供養について。永代供養墓や樹木葬など跡継ぎに負担をかけないお墓なども。維持管理がお任せできるお墓なら将来の引越しも怖くないです。さらに墓地の永代使用料の一覧で相場調べにも役立つはず。.....

生前にお墓
生前のうちに自分の入るお墓を購入する人も多いです。子や孫の負担を減らすということと、自身の思いを込めてつくるという側面もあるのかもしれません。仏教では生前に仏事をすることを「逆修」というそうで、生前に建てる自分の墓を「逆修墓」「寿陵墓」とも言います。有名人にも自分の墓を生前から建てている人が結構います。

Copyright © 2011-2017 墓地・霊園の一覧【東北の墓・供養ガイド】永代供養墓・樹木葬等も. All rights reserved